TOP > DIARY > 2012 Summer
DIARY
制作日誌 STRAIGHTCURVE

2012/08/31

みなさまこんにちは。

8月半ばあたりからでしょうか、何をやってもうまくいかない日々が続いてます・・・。
自分のミス、相手のミス、小さな事から大きな事までありとあらゆる事が空回りしているようでほとんどお手上げ状態です。
私事であれば酒でも飲んで忘れてしまえばいいのですが、仕事となるとそうもいかず、気が滅入りますね・・・。

とはいえ、いつまでもぐだぐだ悩んでいてもしょうがない!
ちょうど9月5日から展示会がありますので、そこで気分転換してきます。(FOR STOCKISTS 2012

今回は新製品としてサイドテーブルを出します。(このサイドテーブルがまた悩みの種でもあります・・。)
いつも通りシンプルなデザインですが、今回はちょっとやわらかい感じにしてみました。
まだ写真はお見せできませんが、いずれここでご紹介させていただきます!


▲go to page top

2012/08/09

みなさまこんにちは。

暑い日が続きますね。 この時期はのどが焼けるくらい甘いカルピスで一息ついた後、
よく冷えたビールを流し込むのが帰宅後の日課です。

では写真を。

photophoto

先週御客様からいただいたジャックホワイトのTシャツ。
なんとフジロックのお土産です。(人ごみも嫌いだし暑いのも苦手ですが、一度は行ってみたいです。)
こちらの御客様は第一回のフジロックにも参加されたとのことで、いろいろお話を聞かせていただきました。
(W様、またぜひ遊びに来て下さい。)

隣でこれみよがしに写っているのは、数年前にある御客様からの特注で作った成型合板のハンガーです。
なかなか良い感じの製品でしたが、一本2000円という値段では難しかったようでほどなく生産終了となりました・・・。

さて、今週は工場、事務所共にお盆休みですがお店だけは開けます
こんな時期に開けてもお客さん来ないだろうとは思いますが、家にいてもやる事が無いので・・・。

それでは、また。


▲go to page top

2012/08/01

みなさまこんにちは。

8月になったので表紙写真プレゼント企画を更新しました。
今回は952シリーズをプレゼントです!
毎回毎回簡単すぎる「903を探せ」、今回はほんの少しだけ難しくしてみました。
いつも通り合成写真ですが、緑稲の森のどこかにひっそりと座っていますのでどうぞ探してみて下さい。

そして先月までのプレゼント企画にご応募頂いた皆様、本当にありがとうございます。
やっぱり「903」シリーズは人気がありますね。なかなか倍率の高い抽選になります。
当選された方には来週中に商品を発送しますので、どうぞお楽しみに。

それでは写真を一枚。

photo

Heath Ceramics」の一輪挿しです。
高さ10センチほどの小振りなサイズですが、かわいらしい形、絶妙な色、やっぱり良いですね。

この一輪挿し、じつは先週御客様からいただいた物なんです!
愛知からお越しのK様、今回で2度目の御来店ですが、
前回お越し頂いた際にヒースの話題が出まして、その事を憶えていて下さったそうです。
「ヒース良いですよねー」などと言いながら、私がヒース製品を一つも持っていなかったことも衝撃だったのかもしれません・・・。

ともかく私の「初ヒース」がこんなに素晴らしい形で手に入るとは!K様本当にありがとうございます!

さて、今週もお店やってます。
先週買えなかった「ビージーズ」、買えたらBGMで使います。
ディスコサウンドは好きではないので、やっぱり初期のアルバムを何枚か買う予定です。

それでは、また!


▲go to page top

2012/07/27

みなさまこんにちは。

Bee Gees」を聞こうと思ってCDを買いにいったところ、なぜか1枚もCDがありませんでした。
(Bee Geesのところだけごっそり抜けてました。)
「どんな嫌がらせだよ」と心の中で文句を言いながら店を後にしましたが、全種類売り切れることなんてあるのか・・・、謎です。

そのかわりといってはなんですが今週は「Bill Evans」です。
今まで全く興味なかったのですが、ある事がきっかけで聞くようになり、最近はジャズを聞いてる事が多いですね。
「ジャズってツラかよ・・・。」周囲から吐き捨てられるように言われる事もありますが、
まあ言いたい奴には言わせておけばいいんです。

では本日の写真を一枚。

photo

久しぶりにD&Department 静岡にお邪魔して、砥部焼の湯のみを買ってきました。
やや厚めの焼き物なので、持ったときの感触、重みが丁度良い感じです。

下の白いコースターは数年前のサンプルです。
塗りつぶしの白なので木目が全く出ておらず、プラスチックのような感じです・・。
夏の暑い時期にちょっとした気分転換で使うといいかもしれません。

それでは、また!


▲go to page top

2012/07/13

みなさまこんにちは。
静岡はかなりのジメジメ度ですが、皆様のお住まいの地域はいかがですか?
この時期は気分的にも湿っぽくなり、さらに売り上げも湿っぽいという悲惨な時期です。

そんな時はジタバタしてもしょうがないので特に何もしません。
普段から物事は深く考えませんが、この時期はほとんど思考停止状態ですね。(脳みそがツルツルになる気がします。)

くだらない近況報告でスミマセン、そしてこれから御紹介する試作も・・・。

photophoto

何の入れ物かは特に考えてません、横にあるCDはただの大きさの目安です。
いわゆる「印籠式」というタイプのフタにしてみました。

これには一つ重大な欠陥がありまして、一度フタをはめるとなかなか取れない(取りづらい)ことです。
普通はフタにミゾなり取っ手なりを付けるべき物ですが、ご覧の通り何もありません。
塗装まで終わって、最初にフタを閉めた後気づきました。

「あ、開かねえ。」

特に何も考えずに作った結果です・・。

では、また。


▲go to page top

2012/07/06

みなさまこんにちは。

勝新太郎ってやっぱりスゴいですね。
先日「独眼竜政宗」の再放送を20数年ぶりに見ましたが、小田原の陣で政宗を待つ姿、とてつもないオーラを放ってました。

最近座頭市シリーズもいくつか観る機会があったのですが、ストーリー云々よりもやはり勝新の演技に引き込まれますね。
実際のところ演技が上手いのか下手なのか、技術的な難しい事はわかりませんが、
彼の“人間臭い”演技はたまらなく魅力的です。
怖くて、やさしくて、かっこよくて、さびしい。理想的な映画の主人公。機会があればぜひ一度観て下さい。
(ただ、かなりひどい放送禁止用語も出てくるのでそのへんは気をつけて下さい・・・。)


さて、先週に引き続きつまらん物を紹介する予定でしたが、思わぬプレゼントを頂いたのでそちらを御紹介します。

photophoto

田中凛太郎さんのMF10、バーズアイ(レッド)バージョン、しかもサイン付き!
良いものを頂きました、田中さん、ありがとうございます!
ウチで作ったチークバージョンより、かなりロックです!

このところ店の事を書いていなかったので、ある御客様から「お店やめたんですか?」とのメールが!
いやいやしぶとくやってますよ
今週も開けますよ。BGMは「The Beatles」ですよ。

それでは、また。


▲go to page top

2012/06/28

みなさまこんにちは。

「臨場」の劇場版、楽しみ半分、不安半分です。
臨場に限った事ではありませんが、劇場版になると派手な演出や妙にスケールの大きい話になるので・・・。
もとからの世界観と映画らしいスケール感の演出をどうやって融合させているか楽しみです。
・・・なんか偉そうに語ってますが、ともかく期待してるということです!

それでは写真を一枚。

photo

901WNを二つ重ねた物で、高さは56センチくらいです。(横にあるのが901です。)
試しにフタをくっつけてみたらスツールのような感じになりました。
改めて見ていたら南の島の楽器のような気もしますね。

特にスツールを試作したかったわけではなく、ある物を試作しているうちにこういう物が副産物として生まれた、ただそれだけです。
(座ってみたけどイマイチでした・・・。)


せっかく先週は素晴らしい物を御紹介できたのに、今週はこれか・・・。
つまらん物っていくらでも作れるんですよね。
もうくだらない試作はしないと心に決めたはずだったのですが、なぜか手が勝手に・・。ほとんど病気だな。
ちなみに来週もそういう物を紹介する予定なので、あしからず。

それでは!


▲go to page top

2012/06/22

みなさまこんにちは。

ついにできました「My freedamn 10」!
4月27日の日誌で御紹介した「ある物の部材」ですが、じつはこの本の表紙でした。
(詳細は My freedamn のサイトをご覧下さい。)

photophotophoto

外箱もしぶいです。

写真はサイトーウッドの為に作って頂いた天然チーク突板仕様。(非売品です。)
本とは思えない存在感ですね。
通常販売されているのはバーズアイメープルの突板を使用したものですが、
サイトーウッドバージョンならやっぱりチークでしょう!ということで無理を承知でお願いしました・・・・。
バーズアイ仕様の本はまだ見ていないので、そちらも早くみたいです。


最初に著者である田中凛太郎さんとお話ししたのは電話だったと思います。
「本の表紙を成型合板で・・・」という話を聞いた時は、正直「???」でした。
しかし、田中さんの今回の本に対する熱い思いを聞くうちに私も引き込まれてしまい、じゃあやりましょう!となった次第です。
わざわざアメリカからウチの工場まで見学に来て、成型合板の機械や材料などを熱心に見る姿が印象的でした。

「とりあえず簡単な図面送るんで、見積もりだけお願いします〜。」
「板をちょっと曲げるだけなのに、なんでこんなに高いの!?」
特注商品を作りたいという連中によく言われる言葉です・・・・。
こういう連中には田中さんの爪のあかでも煎じて飲ませてやりたいです、ほんとに。

ちょっと話はそれましたが、ともかく今回この「My freedamn」の企画に参加できてホントに良かったです。
木工の仕事をしていて本の製作に関わるなんて想像もしてませんでした。
田中さん、そして出版元「テンプリント」の青柳さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

ちなみに在庫はもうほとんど無いようですので、欲しい方はお早めに。

それでは、また。


▲go to page top

2012/06/15

みなさまこんにちは。

きょうはひさしぶりに事務作業に追われ、一日の大半パソコン画面と向かい合ってました。
そして疲れました。
目、肩、腰、そして集中力。年をとったことを言い訳にしたくありませんが、やはり肉体的な衰えは否めませんね。

高校生の頃、「ドラクエ」や「FF」「信長の野望」などを始めると10時間くらいぶっ通しでできましたが、
今なら2時間で限界でしょう。
なぜあの頃はあんなにゲームが面白かったのか・・・。
不思議なくらいゲームにハマり、ゲームの合間息抜き程度に勉強をする、そんな日々でした。
(その結果、中学生の頃2.0だった視力は見事0.1に。)

久しぶりのどうでもいい話が終わったところで昔の製品をご紹介です。

photophoto

桜の突板を使った茶筒とチークのタバコケースです。
どちらも30〜40年くらい前の物だと思いますが、はっきりとした年代は不明です。

茶筒はOEM製品、この雰囲気だとたぶん秋田の会社だと思います。
かなり繊細な仕事をしてますね。こういう繊細な仕事は昔から得意じゃないので、
かなり無理して請け負ったことが容易に想像できます。

タバコケースは自社製品のようです。私はタバコを吸わないのでよくわかりませんが、今でもこういうジャンルはあるのでしょうか?
わざわざ箱を入れ替えるなんて面倒くさい気もしますが、まあそれもお洒落だったのかもしれません。

さて、今週も土曜日お店やってます。
これまで御紹介した古い製品も見る事ができますので、お時間のある方は遊びに来て下さい!


パソコン画面を見るのもそろそろ限界のようです。集中力も完全に切れました。
たったこれだけの文章を書くのに30分以上かかってます・・・。
そんなわけで今日は帰ります。
それでは、また。


▲go to page top

2012/06/08

みなさまこんにちは。

先日ある御客様から素晴らしいプレゼントを頂きましたので御紹介します。

photo

東京からお越しの御客様が持って来て下さいました。
ご実家で38年間使われた1002型です。
そのお客様のお母様がサイトーウッドのファンで、家のあちこちにサイトーウッド製品が置いてあるそうです。
先日新しいトレーを通販でご購入頂いたのですが、
御自分ではこの愛着ある古いトレーが捨てられないので、できれば弊社で処分して欲しいとのことでした。

私がこの仕事を初めて12年、その中でも間違いなく5本の指に入る嬉しい出来事です。
処分なんてとんでもない!大事に展示させていただきます、とお話ししました。
ここまで使って頂ければトレー達も本望でしょう。
38年間使い続けて下さった御客様と、その期待に応えたトレー達に感謝です。

それでは、また。


▲go to page top

2012/06/01

みなさまこんにちは。

6月に入り表紙写真を更新し、プレゼント企画も新しくしました。(詳細はプレゼントコーナーをご覧下さい。)
今回は近所の「あじさい」を撮ってみました。花の名前はよくわからないので間違ってたらスミマセン・・。
「903」はいつも通り合成です。葉っぱの緑に「903」がよく映え、探す気がなくても目に飛び込んできます!

そして先月までのプレゼントコーナーにご応募頂いた皆様、本当にありがとうございました。
傘立て」はあまり人気がないようで、いつもより応募人数は少なかったですね・・・。
まあ新商品が売れないのはいつものことなので気長にがんばります。
当選された方には来週中に商品を発送させていただく予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。

それでは、また。


<<最新の日記へ戻る